女性の足の裏

水虫の被害は、日本だけでなく、海外でも報告がみられるものです。
また、昔からの著書にあるように、軽い病気に見えるものの、面倒な病気であり、その痒みにヤキモキしていた人は、昔から多くおられます。
このような水虫ですが、かゆみを抑えるための豆知識として、静岡などのお茶の名産地では、とても不思議な、そして効果が絶大であるとされている民間療法があります。

この水虫のかゆみを抑える方法ですが、いたって簡単です。
まず、お茶の葉を用意します。
茶葉このお茶の葉は、お茶を飲んだ後に捨てるお茶の葉っぱで全くかまいません。
このお茶の葉を、新聞紙などいらない紙の上に足を乗せて、そのままお茶の葉を、水虫の箇所、足裏や指と指の間などにペタペタと貼り付けていく、という方法です。
これは、かゆみが抑えられるだけでなく、今まで、水虫の市販のクリームや、お医者さんから出されるクリームやお薬を使っても、一切治らなかった水虫が、次第になくなっていった、かゆみが消えた!という驚きの民間療法とされています。

この方法は、一時期、とても有名なエッセイリストさん兼漫画家さんが広めてくれたものでもあり、いつどこから、このような民間療法が始まったのかは不明であるとされていますが、多くの方が、このお茶の葉を使った治療方法で、水虫を撃退することが出来ています。
また、撃退することが出来るため、酷い痒みなども同時に消すことが出来るため、どうしても苦しい人にとっては、まずはこのような、かゆみを抑えるためにもお茶の葉をしっかりと足裏などに貼り付け、靴下などをはいて寝れば、翌朝などには、かなり楽になっていると言われています。
また、歩く時には、お茶の葉がはがれないように、また、水分などが飛び出さないように、少し厚めの靴下かスリッパなどをはくことが必要となります。

アーカイブ