秋冬には水虫は治るの?

水虫というと湿度が関係している印象が強いため、秋冬を迎えると症状が落ち着くと思っている人も多いです。
確かに室内の湿度などで言えば秋冬の方が低くなりますから、そういった意味であればその通りであると言えます。
しかし室外に関しては、特に女性についてはむしろ秋冬の方が水虫が悪化しやすくなる可能性があります。

ではどうしてそうなるのか、重要なのは秋冬になると寒さから身を守るために厚着を好むようになる点です。
女性の場合はブーツを履く機会が一気に増えることになるでしょうが、このブーツという環境は極めて高温多湿になりやすい環境であることを見落としてはいけません。
水虫の原因である白癬菌は高温多湿の環境でこそ活発に活動して繁殖していくことになりますから、ブーツの中というのは極めて白癬菌が繁殖しやすいのです。
実際、女性で秋冬になると一気に水虫が悪化したという人は少なくありません。
また男性の場合でも、秋冬になると靴下を厚手のものに変えたり夏よりも保温性を重視したシューズを履く機会が増えます。
女性のレザーやムートンのブーツほどではありませんが、こうした男性の場合も水虫が悪化する可能性はあります。
よって水虫を予防したい、治療したいということであれば一年を通してしっかり考えていくことが必要となります。
通気性の悪い靴を履くのであれば時々脱いで風を通すこと、そして帰宅して靴を脱いだ後は靴が乾燥できるように風通しの良い場所において、二日連続で同じ靴を履かないなどの工夫をするのがベストです。
また秋冬の寒さ対策としてもゆっくりとお風呂に浸かって、じっくりと足を洗ってしっかり乾燥させるようにしましょう。

こういった対策のほかに、治療薬で治す方法があります。
水虫は白癬菌というカビが原因で起こる皮膚の感染症です。
足水虫の治療には基本的に外用の抗真菌薬というカビを殺す塗り薬が使用されます。
強力な抗菌作用がある成分ケトコナゾールを配合した塗り薬ニゾラールクリームや、浸透性に優れたテルビナフィン配合のラミシールクリームなどが挙げられます。
こういった治療薬はニゾラールクリームが買える通販サイトなどで安く購入することができるので、病院へ行くよりも手軽に水虫を治せます。