健康な人と水虫とクリームの使い方

健康な人でも水虫になってしまうことは、大変よくあることです。
特に女性の場合には、水虫になってしまった際には大打撃を精神的に受けることがありますが、健康な人でも、男女問わずこのような水虫には、誰でもなってしまうものであることなので、気にする必要はありません。
水虫は、じめじめとした湿気を大変好みます。
もし家族1人がこのような菌に侵されてしまった場合、脱衣所などに置いてあるタオルなどを共同で使い、万が一にも足の裏などを拭いたそのタオルを次の人がそのまま使ってしまうと、そこから水虫菌がうつってしまうことがあります。

そのため、家族で水虫にかかってしまった人が出た場合には、使うタオルやバスセットなどのお風呂のバスマットなどは、しっかりと別々に管理した方が良いとされています。
管理と遮断をしっかり行えば、同居をしていても水虫がうつってしまうことは極めて少ないとされています。
また、水虫の菌を退治する場合には、クリームが市販でも販売されているため、これらをしっかりと塗ることで次第に菌はいなくなっていきます。
ただ、表面的には菌はいなくなりますが、完全にいなくなるということではなく、足などに潜伏している状態になるため、もし顕微鏡などで実際に菌が足にとりついているのかを調べたい場合、クリームを塗ることは我慢した方がいいでしょう。
皮膚科の先生に診察をしてもらうにも、前日にクリームを塗ってしまった場合には、菌が隠れて、顕微鏡で探しても見つからないことがあります。